絶賛記事作成中

副業転売ビジネスの仕組み解説!3つの仕入先と4つの転売先

副業の転売ビジネスとは

副業として人気が高い転売ビジネス(せどり)とは、どのようなビジネスなのでしょうか?この記事では、副業として転売に興味がある人に転売ビジネスの仕組みや仕入先、転売先について解説していきます。

転売ビジネスの仕組み(せどり)

転売ビジネスとは”資本金のかからないビジネス”です。ビジネスには大きく分けて3つ要素のバランスで上手くいくのかどうかが変わっていきます。「集客力」「商品数」「セールス力」です。

集客力

集客力を簡単に解説すると、「数」です。実店舗でも無店舗でもこの「数」が集まらなければ、何も始まりません。集客力を身につけるには、資本金と継続力が必要不可欠です。

商品数

転売に関しては、数を揃えるほど成功しやすいと言われています。同じ商品でなくても、とにかく数を揃える必要があります。

セールス力

セールス力というのは、集まった人たちの、ニーズを知り、提案をするものですが、インターネットでは、ある程度ニーズが固まった人が集客されます。あとは、しっかり提案するだけでビジネスが可能です。

お金がかからないビジネスが、転売ビジネス

お金がかからないと伝えていますが、0円ではありません。それなりの資本金は必要です。私が考える転売ビジネスの運転資金(開業資金)は10万円ほどあれば問題ありません。

10万円は確かに大金ですが、もし実店舗でビジネスをすることを考えてみてください。

土地と建物を借りるだけでも数百万円、改装費などでさらに数百万、備品など必要最低限の物を揃えるとなると、平均でお店を開業するまでには、1,000万円以上の資本が必要です。

それで人件費、家賃などの固定費が毎月数十万もあるので、その分のリスクを負って、100万円の利益が無いお店が殆どです。それに比べると破格で始められるビジネスです。

しかも、仮に大損しても実店舗では、借金抱えますが、転売ビジネスは、在庫だけが残るので、それを最終的に安く転売することで、リスクはほぼ無いと言えます。

副業として転売に使う開業資金の内訳

私が考える、開業資金10万円の内訳ですが、以下になります。

  • 法律関連(環境設備)に3万円
  • ツール、情報収集、(運営設備)に3万円
  • 仕入れに4万円

この法律関連や運営設備を怠ると結果的に、売れないものを仕入れて、継続的に収益を得られないまま終わってしまいます。毎月副業として転売からお金を稼ぎたいのであれば、成功している人の情報をお金で買いましょう。

副業としての転売ビジネスの可能性

では、本格的に副業として転売ビジネスを始めたい方に向けて法律に関することを解説します。この法律を知らないと大変なことになりますので、注意してください。

転売は法律的に安全?

結論から言いますと、法律的には安全ではありません。ですが、判断基準が曖昧で現状はグレーゾーンで商売が行われています。

基本的に、商売として中古品を扱うのであれば、”古物商の資格”が必要です。要らなくなったものを転売するのは、商売では無いため資格は必要ありません。この境目を取り締まる方法が現状無いため、グレーゾーンとなっています。

古物商の資格が必要

グレーゾーンだから古物商の資格を取る必要はないと安易に考えてはいけません。どのビジネス(副業)でも法律を守ることが、継続的に稼げる土台となります。法律は守ることで、守られるものです。

無許可で転売をするとどうなる?

古物商の資格がなく、無許可で転売して見つかってしまった場合は、「3年以下の懲役」または「100万円以下の罰金」もしくは、両方が科されてしまいます。

また、罰則後5年間は古物商の資格は取れないので、営業自体ができなくなります。バレてしまうとこれだけ重く、副業として転売を始めたのに、結果犯罪者になるという可能性もあるので、本当に気をつけてください。

古物商の許可を取るまでの期間と費用

古物商の資格はどこで取れるのかについて解説します。またその期間や費用についても合わせて確認ください。

最寄りの警察署に届出

副業転売をするにあたり、古物商の資格を得るためには、営業所を用意しなければいけません。インターネットの販売であってもこの営業所は必要です。そして必要書類を持って管轄の警察署にて申請をします。

予算は19,000円(収入証紙代)です。また、インターネットで販売する場合は、販売サイト、メルカリなどであれば、プロフィールURLなども提出します。必要書類など一度最寄りの警察署に連絡して問い合わせましょう。

行政書士に依頼する

上記の方法でもわからない場合や、面倒な方は、行政書士に依頼するという方法もあります。行政書士に依頼する場合は、30,000円〜対応してくれることが一般的です。

副業としての転売(せどり)の種類

副業として転売で稼ぐための可能性、法律について解説してきましたが、ここからは、副業としての転売(せどり)の種類について説明していきます。副業としての転売には大きく分けて3つの転売種類があります。

副業転売ビジネスの仕組み解説!3つの仕入先と4つの転売先
最新情報をチェックしよう!
>実現性の高いメルカリで稼ぐ方法

実現性の高いメルカリで稼ぐ方法

長年の実践と検証を繰り返し、いかに実現性の高い”せどり”を構築するかを考えてきた結果この手法を公開することができました!実現性の高い手法なので、ぜひ毎月3万円以上の利益を確保してください

CTR IMG