絶賛記事作成中

メルカリみたいなアプリ比較!フリマアプリ11選と番外情報

メルカリだけじゃない!人気のフリマアプリとは

メルカリみたいなフリマアプリを探している方も多いのではないでしょうか?この記事では、数多くのフリマアプリを総合的に比較をして解説していますので、気になるフリマアプリを見つけていただけたら幸いです。

結論から言うと、メルカリみたいなアプリは数多くあります。

総合的にバランスのいいフリマアプリ

出品ジャンル、売れ行き、使いやすさなど総合的に受け入れられやすいフリマサービスを解説します。それぞれのフリマアプリには特徴があるので、比較してください。

1-メルカリ

メルカリサイトの画像

メルカリみたいなアプリということではありますが、最初に紹介したいフリマアプリは、メルカリです。

フリマアプリといえばメルカリと言われるほどの人気で、必ずと言っていいいほどフリマを利用される方はアカウントを持ったことがあります。

メルカリの手数料

メルカリの手数料は以下になります。

出品手数料売買成立時のみ、販売価格の10%
振込手数料一律200円

振込手数料が一律200円に変更(2019-4-1以降)になり、ユーザーからしたら不満が出ますが、それでも人気があるフリマアプリです。

メルカリの特徴

メルカリは日常的に使われるオールマイティなものを扱っています。特化したジャンルはありませんが、その分幅広いユーザーのニーズをつかんでいるため、利用者が多いのが特徴です。

ユーザーが多いので、デフレ(値崩れ)が起きているジャンルも多く、競合商品との差別化が難しいとされています。

2-ラクマ(旧フリル)

ラクマサイトの画像

メルカリみたいなアプリですぐに思いつくのが、ラクマ(旧フリル)です。ラクマ(旧フリル)は楽天が提供しているフリマサービスです。

ラクマ(旧フリル)の手数料

ラクマ(旧フリル)の手数料は以下です。

出品手数料売買成立時のみ、販売価格の3.5%
振込手数料無料(10,000円以上)それ以外は210円

メルカリみたいなアプリのラクマ(旧フリル)では、手数料がお得です。

ラクマ(旧フリル)の特徴

ラクマ(旧フリル)は、何と言ってもどこのフリマアプリよりも手数料が安くお得です。例えば1,000円の商品が売れた場合メルカリでは10%の100円が手数料で取られますが、ラクマ(旧フリル)では、35円で済みます。

この6.5%の差は、長期的に考えてもお得で、総売上10万円に達した時では、その差6,500円もあります。もしメルカリみたいなアプリを探しているのであれば、ラクマ(旧フリル)も視野に入れておきましょう。

メルカリと比較すると人気は落ちますが、丁寧に出品すれば、問題なく売れます。

3-ヤフオク

メルカリみたいなアプリというより、ヤフオクは昔からあるオークションサイトです。近年オークション形式とフリマ形式の両方を兼ね備えているので、ジャンルによりますが、メルカリよりも圧倒的に売れるおすすめのアプリです。

ヤフオクの手数料

ヤフオクの手数料は以下です。

出品手数料売買成立時のみ、販売価格の8.64%〜10%
振込手数料無料

Yahoo!プレミアム会員に登録しなくても出品が可能ですが、手数料はメルカリと同じ10%です。しかし、ソフトバンクユーザーであれば、無料でYahoo!プレミアム会員になれるので、手数料は8.64%です。

最新情報をチェックしよう!
>実現性の高いメルカリで稼ぐ方法

実現性の高いメルカリで稼ぐ方法

長年の実践と検証を繰り返し、いかに実現性の高い”せどり”を構築するかを考えてきた結果この手法を公開することができました!実現性の高い手法なので、ぜひ毎月3万円以上の利益を確保してください

CTR IMG