絶賛記事作成中

メルカリアカウントを2つ以上作る方法と複数アカウントを持つ時の注意点

メルカリアカウントとは

メルカリでは、出品や購入をするには、メルカリアカウントを作成する必要があります。メルカリ規約では、1人に対して生涯1アカウントしか持つことが許されないメルカリアカウントですが、アカウントを2つ以上持つことも可能です。

この記事では、メルカリアカウントを2つ以上持つメリットや、デメリットについてや、メルカリアカウントを作成する方法、アカウント凍結などの注意点について解説しています。

メルカリアカウントを2つ以上作るメリット

メルカリでは、アカウントは1人1つが基本です。しかし、サブのアカウント(裏垢)としてメルカリアカウントを複数持っている人も多くいます。メルカリアカウントを2つ以上持つことでのメリットはどういうものなのでしょうか。

アカウントが凍結されてもサブアカウントで運用できる

メルカリ規約は、すごく細かく些細なことでもアカウント停止や凍結される可能性があります。

もし1つしかメルカリアカウントを持っていない場合、そのメルカリアカウントが停止、もしくは凍結されてしまうと売上に響いてしまうため、予備として2つ目のメルカリアカウントを持つという人もいます。

このように2つ以上のメルカリアカウントを持つと、予期せぬ凍結やアカウント停止に備えるメリットがあります。

メルカリのクーポンなどをアカウント分利用できる

メルカリアカウントが2つ以上あるということは、その分メルカリが発行しているお得なクーポンなども、アカウントの分だけ利用できます。

5%値引きやメルペイ割引など、様々なキャンペーンやクーポンを利用できるメリットがあります。

評価などの操作ができる

メルカリで買い物をするユーザーの判断基準でもある高評価の数ですが、サブのメルカリアカウントがあるだけ操作できます。良し悪しはありますが、2つ以上のメルカリアカウントを持てれば、上記のメリットをフル活用できます。

メルカリアカウントを2つ以上作るデメリット

メルカリアカウントを2つ以上持つメリットがあれば、必ずデメリットもあります。メルカリアカウントを2つ以上持つデメリットはどのようなものでしょうか。

アカウント全体が凍結される危険性がある

メルカリでは、同一人物が2つ以上メルカリのアカウントを作成、持つことはメルカリ規約違反となりますので禁止されています。

2つ以上のアカウントを所持していることがメルカリにバレた場合は、問答無用で即刻アカウント凍結の対象となります。アカウント凍結(停止)の危険性があるという認識を持っておきましょう。

またアカウントの複数所持による停止は、無期限の利用停止となるので注意しましょう。

最新情報をチェックしよう!
>実現性の高いメルカリで稼ぐ方法

実現性の高いメルカリで稼ぐ方法

長年の実践と検証を繰り返し、いかに実現性の高い”せどり”を構築するかを考えてきた結果この手法を公開することができました!実現性の高い手法なので、ぜひ毎月3万円以上の利益を確保してください

CTR IMG