絶賛記事作成中

Amazon出品する方法!出品アカウントの設定方法

Amazonに出品するには

転売ビジネスに興味がある人はAmazonにも出品したいと考えているのではないでしょうか?私も現在Amazonの大口出品をしていますが、この記事では、Amazon出品をする方法とアカウントの設定方法について解説していきます。

Amazon出品用アカウントが必要

まず、Amazonには大きく分けて3つのアカウントが存在します。

  1. 購入用アカウント
  2. 出品(販売)用アカウント
  3. アフィリエイト用アカウント

全てアカウントは1つでもいいのですが、全てのサービスを利用するには、紐づけをする必要があります。すでに購入用のアカウントを持っている方は、ここから解説する方法でAmazon出品用アカウントの作成が可能です。

まだAmazonアカウントを持っていない場合は、先にAmazon購入用アカウントを作成しておきましょう。

Amazon出品用アカウントの登録に必要なもの

Amazon出品用アカウントに登録する場合に必要なものを解説しています。まだお持ちでない方は、先に手元に用意しておきましょう。

Amazon購入用アカウントが必要

Amazon購入用アカウントに紐づけをするために、Amazon購入用のアカウントの登録をしてください。お持ちでない方も、Amazon購入用アカウントは出品用アカウントの登録をする画面でも新たに登録できます。

銀行口座

Amazonの売上を貰うために、銀行口座の登録をしてください。私の場合ネットでの収入は全てネット銀行で管理しています。おすすめは楽天銀行です。

楽天ポイントも貯まり、デビットカードが付いているので、支払いも同じ口座で管理できます。また、口座残高を24時間いつでもスマホから確認できるので、もしネット口座を使うのであれば、楽天銀行を利用しましょう。

クレジットカード

利用料や手数料などは、売上があれば、売上から相殺されます。しかし、売上金がない場合は、クレジットカードから引き落とされます。そのために必ずAmazon出品用アカウントを作る際には登録をしてください。

メールアドレス

メールアドレスは、Amazon購入用アカウントに登録しているメールアドレスで問題ありませんが、まだAmazonアカウントを持っていない方は、新しくメールアドレスが必要となります。

また、購入者の問い合わせ用メールアドレスも必要な方は、Gmailなどのフリーメールアドレスを登録しておきましょう。

電話番号

電話番号認証は、個人特定をするために必要です。携帯電話番号からPIN入力を行い、認証させましょう。

Amazon出品用アカウントの登録方法

Amazon出品用のアカウントに必要なものの解説は上記です。ここからは、Amazon出品用アカウントの登録方法を解説します。

出品用アカウント登録ページに移動

Amazon出品アカウント作成画面

まずは、Amazon出品用アカウントを登録できるAmazon公式サイトに移動して、右上にある”さっそく始める”をクリックしてください。

アカウントを紐づける

Amazon出品するために紐づけする方法

画面が移動すると上の画像のように表示されますので、Amazon購入用アカウントをお持ちの場合は、Amazonにログインしてください。

まだ、Amazon購入用アカウントを持っていない場合は、”Amazonアカウントを作成”をクリックします。

出品者情報の入力

Amazon出品アカウントの情報入力画面

ログイン、もしくは新しくAmazonアカウントを作成しログインできたら出品用の個人情報を入力していきます。ここでの個人情報はAmazonで出品するのに必要な情報ですので、間違わないよう入力していきましょう。

店舗名や責任者情報も必要

店舗名というのは、Amazonのページに表示される出品情報です。また、責任者情報も掲載されます。特商法に定められている告知義務なので、しっかり正確に情報を入力しておきましょう。また、いつでも変更可能です。

電話番号による認証

Amazon出品の本人認証画面

Amazon出品用アカウントが、有効かどうかを確認する上で、電話番号認証が必要となります。現在使われている電話番号を入力して認証してください。

クレジットカードの入力

Amazon出品するためのクレジットカード情報

クレジットカードの登録は、支払いをスムーズに行うために必要です。Amazon利用料(大口出品の場合)や販売手数料などもクレジット払いが可能です。

利用料・手数料などの清算のため

Amazon出品をして、販売できた売上がある場合は、その売上から精算されるのですが、売上がない場合は、クレジットカードより精算されます。必ずクレジットカードの登録をしておきましょう。

商品情報

Amazon出品アカウントの商品情報

すでにAmazonに出品する商品がわかっている場合は入力しておくと後の作業が省けます。

スキップしてもいい

まだ商品が決まっていない場合などはスキップをクリックして、飛ばしても問題ありません。

Amazon出品用アカウント作成

上の画像のような画面に移動できれば、Amazon出品用アカウントの登録が完了しました。あとは、免許証と住所と名前が入ったクレジットカードなどの明細書の提出をしていきます。

出品者の本人確認

上の画像のように本人確認依頼のメッセージが届いているので、確認をします。

出品者の本人確認画面

上記のURLを開いて必要書類の提出をします。審査に3日ほどかかりますので、審査が通るまで他の準備をしておきましょう。

口座の登録

口座の登録も数日時間がかかるので、審査が通る間に行います。Amazon出品ページから右上にある「設定」から「出品用アカウント情報」をクリックします。

Amazonの出品アカウント情報ページ

銀行口座情報をクリックしてください。

Amazon口座情報の変更画面

銀行口座の情報を入力して「銀行口座を設定」をクリックします。あとは、口座確認が完了するまで待ちましょう。

Amazon大口出品と小口出品の違い

私の場合は、Amazon大口出品で登録しましたが、小口出品もあります。大口出品と小口出品の違いは以下になります。

サービス月額利用料成約料販売手数料
大口出品4,900円(税抜)0円8%~
小口出品無料100円/個8%~

大口出品、小口出品はいつでも変更できるので、不安な方は、Amazonの小口出品からでも問題はありません。

50個以上販売するのであれば、大口出品

月額利用料が発生するAmazonの大口出品ですが、成約料が無料のため沢山Amazonに出品するのであれば、お得です。1ヶ月で50個以上売れるのであれば大口出品にしましょう。

Amazon出品する方法

審査が通るまででも商品の出品登録は可能です。以下の方法で商品の出品をしていきましょう。

Amazon商品出品する手順

まずは、Amazonの出品ページの右上にある商品登録をクリックします。

Amazon出品の商品を登録

バーコードに表示されているJAMコードを入力します。

Amazon出品をする方法

JAMコードの入力をすると、商品情報が掲載されるので、「商品制限が適用されます」をクリックします。

Amazon出品をするをクリック

「出品をする」をクリックします。

Amazon出品情報を入力

相場と照らし合わせながら、商品情報を入力します。

Amazon出品完了画面

最後に「保存して終了」を押せば出品完了です。このように1つづつ商品を出品できるので、審査が完了するまで、商品をAmazonに出品しておきましょう。

まとめ

慣れればAmazonで出品するのは難しくありません。あくまでもここで掲載している情報は基本です。ご質問はライン@で対応しておりますので、ご連絡お待ちしています。

友だち追加

PCからの場合は、以下のQRコードをご利用ください。

合わせて読みたい!転売に関する記事一覧

Amazon出品する方法!出品アカウントの設定方法
最新情報をチェックしよう!
>実現性の高いメルカリで稼ぐ方法

実現性の高いメルカリで稼ぐ方法

長年の実践と検証を繰り返し、いかに実現性の高い”せどり”を構築するかを考えてきた結果この手法を公開することができました!実現性の高い手法なので、ぜひ毎月3万円以上の利益を確保してください

CTR IMG